NYCpinkの効果

NYCpinkの効果を検証しています

*

NYCPINKとは

p0201vmy

NYCPINKとは今、女性の間で話題となっている媚薬の一種です。

542_1_L

>NYCPINKは誰でも使えるの?控えたほうが良い時は?

NYCPINKは、オシャグジダケや高麗人参など、東洋医学に基づいた生薬を多く配合しています。
たまに「漢方は副作用がないから安心」などという声がありますが、大きな間違いです。薬である以上、服薬量やタイミングを間違うと毒になります。
NYCPINKはどんな時に控えるべきか、ここで説明します。

循環器系の病気の人はNG!

NYCPINKは血流改善の力がとても強く、心臓や血管に強い負荷をかけます。
そのため、心臓病、脳溢血などの循環器系の病気がある(または、過去にあった)人は、絶対に服用してはいけません。命を落とす危険があります。

ハキハキ、キビキビしてる人は量を控えて

一億総活躍社会になり、女性が仕事を続けることが当たり前の世の中になりました。
女性でも仕事がとても早く、いつも元気に活動している人がいます。仕事が出来るのは良いことですが、実は東洋医学ではこの状態は「陽に偏りすぎ」と考え、一種の病気と考えます。
バリバリ働いていた社長さんやサラリーマンが心臓発作で急死、という悲劇が後を絶ちませんが、東洋医学ではこれを「陽を極め、陽の臓器(心臓など、よく動く器官)に過剰な負荷をかけた」と考えます。

東洋医学の言う健康とは、陰と陽がバランスよくある姿を指します。
仕事人間としては、キビキビ、ハキハキしているのは優秀ですが、決して健康な姿ではありません。
そして、特に高麗人参は、この体質の人には合いません。ただでも陽が強い人に、陽の強い生薬を服用すると、ますますバランスを崩してしまいます。
女性は男性に比べて陰に近いので、比較的服用はしやすい傾向はあります。しかし、上記の傾向がある人は半分に割って服用するなど、量を控えてみましょう。

中には効かない粒も?

日本で流通していない、海外産のパッケージを見ると、ずいぶんと大らかでいい加減な印象を受けます。
時々、NYCPINKの中でも効果が薄い、ほとんど効果が出ないものがあります。
均一化がきちんとされていない事があるらしく、粒によって効果にバラつきがあることもあるようです。
高い精力剤なのに、製品にバラつきがあるのは大変困ったものですが、こればかりはどうしようもありません。

しかし、ハズレを引いても1日2粒以上は食べてはいけません。効果が出るのに時間がかかることもあるので、早合点して2粒以上食べると、過剰摂取で血流が上がりすぎることがあります。

>>NYCpinkに関する詳細情報及び最安価格は正規品取扱店から

公開日:
最終更新日:2017/09/21